© 2020 KUNITACHI BALLET STUDIO NISHI KOMAKO all rights reserved.

仁紫 高麗湖 (にし こまこ)

 

東京都国立市に生まれる。

3歳のとき、母 石沢秀子のもとでクラッシクバレエを習い始める。(国立バレエスタジオ)

12歳のときに単身でカナダへ旅立つ。(バレエ修行)

以来、日本とカナダを往復する生活を送りながら公演活動を行う。

 ・カナダ・ロイヤルウィニペグバレエ(RWB)プロフェショナル・デヴィジョン修了 

 ・アメリカンバレエシアター(ABT)日本公演に参加 

 ・オーストリア・インスブルック市 コングレスハウス招聘公演 

 ・青森県十和田市教育委員会主催 十和田市民文化センターオープン記念公演 

東京新聞主催全国舞踊コンクールなどバレエコンクールにおいては数多くの受賞歴を持つ。

1995年

クラッシックバレエから離れ、コンテンポラリーダンサーとして活動を始める。 海外のダンスフェスティバル等でソロの作品を上演。繊細な動きと集注力の高い舞台は、好評を博す。

2001年

 「FINE ARTS ダンスさいたま01’」において、協会推薦作品として、石沢秀子振付作品「純化」を公演。

2002

石沢秀子振付作品「ソルスティス」に参加し、第12回埼玉国際創作舞踊コンクールにおいて入賞。 

クラッシックバレエの指導者として1999年に活動を再開。現在、自身のクラスを「国立スタジオ・仁紫高麗湖」と称して精力的に活動中、国内のバレエコンクールにおいても高い評価を得ている。また近年は創作作品の振付もはじめ、須田まやに振付した『太古の記憶』は、国内外で高い評価を得た。

2005年

東京新聞社よりバレエ部門における「優秀指導者賞」を受賞 

2013年

「第1回とうきょう全国バレエコンクール」において「優秀指導者賞」を受賞 

2014年

「第3回多摩シティ・全国バレエコンクール」にて「指導者賞」を受賞

「第2回とうきょう全国バレエコンクール」において小学生部門と中学生部門の「最優秀指導者賞」受賞

2015年

 再び、東京新聞社よりバレエ部門における「優秀指導者賞」を受賞

2016年

NBAバレエ団主催ジュニアコンクールにおいて指導者特別賞を受賞 

2018年

ヴィクトワール バレエコンペティション東京2018の

バレエシューズ部門と中学生部門で「優秀指導者賞」を受賞

「第2回東京サマーバレエコンクール」にて中学生Ⅱ部門の最優秀指導者賞を受賞

2019

「第9回全国鎌倉バレエコンクール」の第2ブロックにおいて「優秀指導者賞」を受賞

「第3回東京サマーバレエコンクール」において、

バレエシューズⅢ部門、バレエシューズⅣ部門、高校生部門の3部門にわたって、「最優秀指導者賞」を受賞